サンプル画像

冷たい食べ物

鬱陶しい梅雨が終わると容赦ない猛暑の始まりです。夏になると食べたくなるもの、沢山あります。夏の果物のスイカにぶどうに桃、ひんやりスウィーツならアイスクリームにかき氷に水ようかん、麺類ならソーメン、冷麦、冷麺、キンキンに冷えたビールには枝豆、冷奴にところてん。青空のもと海で食べたり、夜空を彩る花火を見ながら食べたり、夏は開放的な野外で食べることが多い季節でもあります。冷えた物を食べたり、飲んだりする機会の多い季節。しかし、そんな物ばかり食べたり、飲んだりしていると体温調節の不調によって夏バテになってしまいます。高温多湿な日本の夏は体温を一定に保とうとして必要以上にエネルギーを消費し、胃腸の働きが低下し食欲不振、自律神経の不調や脱水症状をおこしがちです。冷たい食べ物は、のどごしはいいけど、夏バテの原因にもなるのでご注意を。

夏を楽しもう

ムシ暑いからとクーラーの中にいたのでは逆効果です。室外の温度と室内の温度が5度以上の差があると自律神経の低下やめまい、食欲低下につながるのです。いわゆる冷房病です。体がだるくなる前に、貧血で倒れるその前に、暑さを乗り切る食事を取りましょう。「食欲がないから。」いえいえ、夏には美味しいグルメが沢山あります。日本の夏はお祭りが各地で行われ、海水浴に花火大会、盆踊りとイベント目白押しです。そんな場所では、美味しい料理が沢山あります。食欲不振なんて勿体無い。部屋に閉じこもっているのも勿体無い。体力をつけて楽しい夏を過ごしましょう。